急増中の痛風を食事で抑制

食事習慣改善で痛風改善

原因

風にあたっただけで痛いというところから名前の由来となった痛風ですが、この原因は食事の欧米化によるものだと思う。
数年前では痛風にかかっている人数は約50万人と言われていましたが、現在では若年層や女性でも油断できなくなっている。
その原因が食事によることが現実的に判明したからだ。

具体的な原因としては、アルコール類の摂り過ぎや油っぽい食べ物のせいだ。
このアルコールや油っぽい食べ物の中には特にプリン体という物質が多くふくまれているために、内臓で分解される尿酸が過剰になることで尿酸の排泄がうまくいかなくなり結晶になってしまう。

それが体内にめぐって最終的に痛風となる。
これを予防・治療するには内面的な治療が必要となる。それが食事だ。
冒頭でも話したとおり、食事の欧米化が病気を発症しやすくし、その反対に治療を有効なものとする役割がある。
他にも内外に受けるストレスや、遺伝的なものも原因としてはあるが、痛風についても痛みが一時的であることから面倒くさがって放置していると命にかかわる重大な病気になることもある。

そのため、あらゆる要因を根源から無くすためには今よりもっと食生活に気を配る必要がある。
特にわたしたちは野菜や魚を中心として生活してきた日本人だ。本来のあるべき姿に戻ればそれに伴って健康になるだろう。






what's new

2012/12/18
通院を更新
2012/12/18
一石二鳥を更新
2012/12/18
やっちゃダメを更新
2012/12/18
遺伝を更新
2012/12/18
急増中の痛風を食事で抑制を更新
2012/12/18
ホームページリニューアル